極める先にあるもの

GuestGallery



人には誰しも少なからず「こだわり」を持っています。・・・持っているというよりかは、出る部分でしょうか。
今年御成人を迎えられたRさん。赤いお振袖に、緑色の帯揚げ・帯留め。ママ振りをされたとのことでしたが、すっかりRさんに馴染んだお姿でした。それは、こだわりの緑色の帯揚げが一躍買っていたからでしょうね。
“昔から緑色が好きで、なぜか選ぶものは緑が多くなる。”とおっしゃられてたRさん。色って、なぜか気になったり、なんとなくということが多いですよね。潜在的な理由があると言われていますが、Rさんには緑色が似合っていらっしゃいました。

そうしたこだわりは、いつしかその人の表すものとなり自然になります。Rさんにとって自然なこと、それはフルートの存在です。このご成人記念の撮影の際も、フルートと共に撮影をさせて頂きました。
はじめ、お伺いした時は正直驚きましたが、“どんな撮影になるのだろう? 絶対かっこいいやん!” と、とてもワクワクしていたカメラマン(笑)(彼女もギターをやっている者なので特に(笑))当日は緊張しながらも、たくさんシャッターを切っていました(笑)
Rさんの和服にフルートのお姿は、素晴らしく自然体!!

そんなRさんですが、最近こそはなくても、なかなか出来なくて悔しくてよく泣かれていたそうです。
やりたいこと出来るようになるために努力をすることは、半ばしんどくて面倒で、さらには 「悔しい」という思いを抱くのは決して楽ではないけれど、とても貴重なことだと私は思います。きっとそれは秘めた可能性の表れだと思うから。
諦めることって簡単なようで、すんなりと出来なくて、納得がいっていなければ終われない。時として、納得が行っていなくても受け入れることが必要な場合もありますが、悔いないように今できることをやる。チャレンジする。そういった積み重ねの先に、望んでいたものになるのですよね。
「ゆとり世代は、すぐにへたる」なんて言われがちですが、とんでもない。ここにしっかりと、熱を持って努力出来る女性がいます。私よりも年下なのですが、そんなRさんに出会えて、嬉しかったです。そして、刺激を頂きました!笑


後日、宣材写真も撮影もさせて頂き、お振袖とはまた違った緑色のドレスで表情がとても綺麗でした。
華奢なお体なのに、キャリーを連れてドレス等の準備もお手の物♪そうした所作が、これからもっとRさんに馴染んでいかれるのだろうと思うと、これからがとても楽しみです。
Rさんが極める先にあるのは、どんな未来なのでしょうか。きっと表情もフルートも環境も、自然なものになられることでしょうね。

貴重な記念の時に立ち会わせて頂いたこと、とても光栄に思います。
撮影をさせて頂き、誠にありがとうございました!

ちょこっとメイキングトーク☆
リヒトはスタジオで撮影をしているのですが、お仕度からはじまりスポットやフラッシュなどの光、ポージングをしたり、また緊張も手伝って、、撮影中って地味~に熱気に包まれます。(笑)なので、こんな寒空でも撮影後はホットドリンクよりもアイスドリンクを選ばれるゲスト様が多いです(笑)




リヒトでは宣材写真の撮影も承っております。持ち込み衣装もOKですので、まずはご相談から、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

タイトルとURLをコピーしました