打掛

GuestGallery-Wedding

思い遣りの精神で

初めてお会いした際に「自分のことよりも、人に喜んでもらいたい」そんな想いの上で、挙式のご準備を進められていることを仰られていたYさんご夫妻。 撮影本番までの間、コロナの影響を受け撮影の延期をお願いをしたり、移転の関係でご不...
StaffStory

和装に込められたこと

結婚の歴史の名残で1番はっきりと見えるものがあります。「衣装」です。日本では和装:打掛・引き振袖が婚礼衣装として現在も用いられていますよね。打掛の歴史は室町時代の上級階級族が、小袖(着物)の上に防寒着として打ち掛けたことが始まり。白は光...
StaffStory

【思考】結婚式の形について

前回の終わりに“次回はポージングの続き”と申しておりましたが、ずっと頭の中にあったことをここらで一度語源化しておこうと思い、ちょっと寄り道します。 たまには道草もいいですよね。(笑) それで、ずっと考えていたことは、結婚式の形...
StaffStory

打掛本来の動き・ポージング

日本人としては、一度は袖を通してみたい和装。 3歳の時は被布 7歳の時は帯解き 成人の時はお振袖 婚礼の際は引振袖・白無垢・色打掛 室町時代から続いている婚礼衣装に、憧れを抱く女性はきっと多いですよね。 元々は、平安...
タイトルとURLをコピーしました